セブマクタン島 ダイビングポイント

フィリピン ビサヤエリアの主要ダイビングポイントを
オリジナルマップを元にご紹介します。

ダイビングポイント

HAPPYダイブショップの主要ポイント
マクタン ダイビング

①マクタン島周辺

パッケージ基本ポイントになっています。

マクタン島東側で、いくつものポイントが
あります。初心者でも十分楽しめます。
セブ タンブリ
photo by MR Hamar

②ヒルトゥガン島

セブマクタンの一番有名な、ダイビングポイント。
ツバメウオの群れ、ロウニンアジの子供の群れ
バラクーダーの子供などが浅場にいます。
セブ ツバメウオ
photo by MR Hamar

③ナルスアン島

マクタン島から望むと、ヒルトガン島のほぼ
裏側に位置する島です。スロープとドロップオフの
組み合わせが面白い島です。
アヤコショウダイ

④オランゴ島

マクタン島目の前の、一番大きな島が
オランゴ島です。メジャーなポイントは2か所ですが
マクタン島でも珍しいウミウシや魚が満載です。
メレンゲウミウシ

⑤カビラオ島

セブ島とボホール島の中間にある島。
綺麗な珊瑚とダイナミックなドロップオフが
見どころ。時々、マンタ、マンボウなど
意外な魚の通り道になっている事があります。
マンジュウイシモチ

⑥オスロブ ジンベイツアー

セブ島の最南端、オスロブという場所に、
ジンベイザメが、餌付いています。『ロマン』
には程遠いですが、100%ジンベイと遭遇できます。
オスロブ ジンベイザメ

マクタン島周辺 ダイビングポイント


マクタン島周辺 主要ポイント

①ハドサン(基本ポイント)

HAPPYダイブショップ目の前のポイントです。

マクタン島の中では1、2を争う珊瑚がきれいな

ポイントです。バラクーダの子どもに

出会えることもあります。
セブ クマノミ
photo by MR Hamar

②タンブリ

水深18mのスロープにセスナ飛行機が

沈んでいます。セスナのドアが外れているので

中に乗り込むことも可能です。棚の上では

クロヘリイトヒキベラが群れています。
セブ ダイビング
photo by MR Hamar

③コンティキ

ドロップオフのポイントです。
ショベルカーのバケツが沈んでいて小さな漁礁に

なっています。ツマグロハタンポ、メアジ玉、

イワシ玉に出会えることもあります。

④アグス

小さな入り江の中のポイントなので

海が荒れていても潜りやすく初心者にお薦めです。

ウミウシが多く見られます。

OW講習で潜ることが多いポイントです。

⑤マリンステーション

ダイブショップやホテルが密集しているエリアで

いつもバンカーボートがたくさん泊まっています。

体験ダイバーも多く初心者にお薦めです。

オヤビッチャやロクセンスズメダイが群れています。

⑥コーラルリーフ

階段上のスロープになっているポイントです。

珊瑚は少なめですがマクロが豊富なポイントです。

カエルアンコウが見つかることもあります。

棚の上は岩が見え隠れする砂地になっています。

ヒルトゥガン島


ヒルトガン島

ヒルトガン島 主要ポイント

①サンクチュアリ北

ロウニンアジの子どもが100匹近く水深5m前後で

群れています。中層ではヨロイウオ玉が、珊瑚の間に

アトヒキテンジクダイダマシが群れています。

ツバメウオの群れが見られることもあります。

②サンクチュアリ南

浅瀬でオキザヨリがたくさん群れています。

棚の上では中層にクロユリハゼが、バラクーダの

子どもに出会えることもあります。

ツバメウオの群れが見られることもあります。

ナルスアン島

ナルスワン島

ナルスアン島 主要ポイント

①スティングレイシティ

砂地のゆったりしたスロープのポイントです。

浅瀬は珊瑚が豊富です。砂地の上にヤッコエイが

1~3匹見られます。エビ、カニ、ハゼなどの

マクロも豊富なポイントです。

②サンクチュアリ

ドロップオフのポイントです。

水深12mに女神像が沈んでいます。

船着場の小屋の下ではニセクロホシフエダイの

大群に出会えることもあります。

オランゴ島


オランゴ島

オランゴ島 主要ポイント

①タリマ

砂地に草が生えているスロープのポイントです。

昔、木造船が沈んでいた場所に魚がたくさん

群れています。砂地ではチンアナゴやホシテンス

ヤノダテハゼも見られます。

①サンタロッサ

棚の上は延々と草が生えているポイントです。

珊瑚は少なめですが、珍しいウミウシが

見つかることもあります。

カビラオ島

カビラオ島 主要ポイント

①ライトハウス

カビラオ島1押しのポイントです。
浅場のソフトコーラルと珊瑚が美しい
ナポレオンフィッシュ、バラクーダーの
登場する事もある、ポイントです。

②タリサイ

砂地のスロープのポイントです。
浅場には、ピンクスクワットロブスターや
マンジュウイシモチの群生、ちょっと沖には
ギンガメアジの群れが登場する事もあります。

③ラ・イーストリア

カビラオらしい断崖のドロップオフです。
地形を楽しんで頂くポイントです。
流れが強い事もありますが
気持ちの良いドリフトダイビングを
楽しむポイントです

④サウスウォール

カビラオ島南端のポイントです。
ドロップオフにウミウチワが綺麗です。
ヒメツバメウオの群生や、
浅場の岩場が楽しめるポイントです。
カビラオでは一度は入りたいポイントです。

⑤ノースウォール

台風や、南風の強い時期の最初に入ります。
カビラオ島北岸のポイントで、台風級の風が
吹いても穏やかにダイビングが可能です。
珊瑚の綺麗な、ドロップオフポイントです。

⑥サンクチュアリ

カビラオ島のサンクチュアリは
ダイビング禁止エリアとなっています。
その横をギリギリまで行きます。
珊瑚はとても綺麗なポイントです。