フィリピンでの女性情報

女性ならではの生理に関して
フィリピンでの情報です。

~旅行中の生理について~

女性には、悩みの一つの、生理とトイレについてです。
本人が体調も良ければ、病気ではないので、
ダイビングすることや水に入ることはゼンゼン可能です。

ただ、水中では体は冷えるので、
腰の痛みがひどくなったり、 おなかが痛いときなど、体調不良なときは、
無理はしないように さらに、清潔を心がけて、快適に過ごしましょう。
心配なのは、ボート移動中などのトイレですね。

このあたりで使うバンカーボートは、
後ろに木の箱の『かこい』があります。 これが、トイレなのですが、
中には便器があって、ここを使うことができます。
さすがに自動水洗ではないんで、使用したらバケツ(現地語でティンバ)で
水をすくって、流す。という手動水洗スタイル。
でも、ごみを海に捨てるのは、良くないので、
ボートのトイレを使うときは、タンポンやトイレットペイパーと、使ったごみを、
ビニール袋に入れてお持ち帰りください。

あとは、生理用品について。こちらでは、ナプキンは買うことができます。
種類も豊富。不便は、ありません。
でも、タンポンは探すのが困難です。
なので、これは日本で仕入れる必要アリです!!!

ボートには、全てトイレがついているので安心!
ボートで遠くへのダイビングポイントへもへっちゃらで行けます。
島によっては上陸してトイレを使うこともできますよ。
心配な人は、ウエットスーツを腰まで着ているとか、
水着の上からハーフパンツなど着ているといいですよ。
もし、不安があれば、
前もって、女性スタッフにメールなどで伝えておいてくださってもOK!

本人が使っている常備薬あればお持ちください。
また、予想もせず現地で、、、!って時には、
女性スタッフに気軽に相談してくださいね。
ゲストが置いて行ってくれたものが
ダイブショップにストックしてあります。

スタッフマネージメント 冨田恭子 kyoko@gooddive.jp